楚々に座す牡丹(100g)

只今の金額

0円(税別)


かごの中を見る




営業日カレンダー

*色がつけられている日は休日です。

モバイルサイト

Tea in High Time

伝統の生産

トップ >> 楚々に座す牡丹(100g)

楚々に座す牡丹(100g)

商品名 楚々に座す牡丹(100g)
商品番号 bl003
価格 800円(税別)
在庫数 [売切れ]

特徴(Feature)
「楚々(そそ)に座す牡丹」はお茶の持つ甘みと香りの両立を目指したブレンドです。
静岡県産やぶきたのすっきりとして後を引かない甘さ、鹿児島県産さえみどりは瑞々しいすっきりとした甘み。
特に甘みの強いやぶきたを50%、香りと甘みに優れたさえみどりを50%でブレンドし、甘く華やかな香りと甘露な味わいを調和させました。
やぶきたは、最もポピュラーな品種として有名です。
さえみどりは、鹿児島を始めとする九州で栽培が始まり全国で栽培面積を急速に伸ばしている人気品種です。
「楚々(そそ)に座す牡丹」は、やぶきたとさえみどりというどちらもすっきりとした甘みと香りをもつ品種をブレンドすることで、後味の爽やかな甘さが魅力のブレンドです。「月下の立ち芍薬(しゃくやく)」が濃厚な甘さを追及しているのに対して、「楚々(そそ)に座す牡丹」はすっきりとして口当たりの軽やかな甘みを追及したブレンドです。
生活シーンに合わせて、この二つのブレンドを飲み分けていただければと思います。


できあがるまで(Production Process)
「楚々(そそ)に座す牡丹」のさわやかな甘さは、やぶきたを浅蒸しと深蒸しの中間の中蒸しで加工し、被セ*を効かせつつも形状を残す摘採を行ったさえみどりの組み合わせによって実現しました。
やぶきたを中蒸しにすることで、茶葉の甘みを引き出すとともに、植物本来の甘さも引き出すことができます。
さえみどりは被セ*によって甘みを引き出すとともに、揉む過程で形状をなるべく保つことによって、粉として直接吸収される甘みだけではなく、茶葉・茎から出るお茶の上品な甘さを引き立たせるよう加工しました。
このような加工を施すことにより、「楚々(そそ)に座す牡丹」は後味の良いすっきりとした甘みをもつブレンドとなりました。


(*被セとは、摘採の1週間ほど前から黒い覆いを茶園に被せることにより日光を遮断する、摘採前の新茶に施す技法のことです。これを行うことによって、渋みを抑えた水色豊かなお茶ができます。被セを行ったゆたかみどりは、お茶の甘みを邪魔する渋みの少ない茶葉になるのです。)