風立ちぬ、歩けよ百合(100g)

只今の金額

0円(税別)


かごの中を見る




営業日カレンダー

*色がつけられている日は休日です。

モバイルサイト

Tea in High Time

伝統の生産

トップ >> 風立ちぬ、歩けよ百合(100g)

風立ちぬ、歩けよ百合(100g)

商品名 風立ちぬ、歩けよ百合(100g)
商品番号 bl001
価格 1,000円(税別)
在庫数 [売切れ]

特徴(Feature)
「風立ちぬ、歩けよ百合」は、香りのよい甘みのあるブレンドです。
特に、香りにこだわりました。やぶきたの青々しい若葉のような香り、ゆたかみどりの青々しい生海苔のような香りの調和が生み出す生命力あふれる香りをご堪能ください。
「風立ちぬ、歩けよ百合」は、静岡県産やぶきたと鹿児島県産ゆたかみどりのブレンドです。
やぶきたは、日本国内で最も多く栽培されている品種で、ゆたかみどりは二番目です。「風立ちぬ、歩けよ百合」は、最もポピュラーな二つの茶葉をブレンドした王道を行くブレンドです。
ひねりがない! と言われそうですが、お茶の魅力は摘採・茶葉・合組・火入れの組み合わせによって千差万別、移ろう雲の形のように変幻自在なのです。つまり、本店のブレンダー・火入れ人の腕の見せどころというわけです。
もちろん、やぶきたとゆたかみどりを使うのは、単にメジャーだからというわけではありません。この二つの品種がメジャーになったのは、もちろんそれぞれが魅力的な味と香りを備えた品種だからです。なので、やぶきたとゆたかみどりの組み合わせは理にかなった組み合わせです。しかし、「風立ちぬ、歩けよ百合」は茶葉から選定したブレンドではなく、香りと甘さの追求したけ結果たどり着いたブレンドなのです。


できあがるまで(Production Process)
「風立ちぬ、歩けよ百合」の幅郁(ふくいく)とした香りと甘露な味は、被セ(被覆)と深蒸し、そして火入れの加減によって実現されました。
ゆたかみどりには被セという技法を用います。被セとは、摘採の1週間ほど前から黒い覆いを茶園に被せることにより日光を遮断する、摘採前の新茶に施す技法のことです。これを行うことによって、渋みを抑えた水色豊かなお茶ができます。被セを行ったゆたかみどりは、お茶の甘みを邪魔する渋みの少ない茶葉になるのです。
また、やぶきたもゆたかみどりも深蒸しで蒸した後、火入れに入ります。
深蒸しは、生茶に最初に施す蒸しを、通常1分ほどの時間で行うところ、3分という長い時間で蒸す仕方です。そうすることによって、茶
葉から溶けだす旨味・栄養成分が通常のものよりも多くなり、お茶は濃くまろやかなものができます。
被セと深蒸しを経た茶葉を強火で火入れすることにより、茶葉の青々しい香りに深みが生まれ、芯の強い成熟した茶の香りをもつ「風立ちぬ、歩けよ百合」が出来上がります。